remotelock.png
 
 
ビジネスのためのスマートロック

集合住宅の共用エントランス向け「TOBIRA」を自動ドアに設置するとどういう動きをするの…?

[fa icon="calendar"] 17/11/27 18:48 / by KKEスタッフ

 当社には「知粋館(ちすいかん)」と呼ばれる実験住宅 兼 所員寮があります。

いきなり余談ですが、最近は「社内民泊」として地方学生のインターン受入向けや海外採用者の一時滞在に利用したり、長期出張者が宿泊しています。(この事例紹介はまた別の投稿にて…)

今回はその知粋館にRemoteLockACS(通称:TOBIRA)を取り付けましたので、その挙動をムービーで紹介いたします。

そもそも「TOBIRA」って…?

RemoteLockはWi-Fi接続&電池式のスマートロックですが、TOBIRAは有線LAN&電源取込で自動ドア等を制御できる基盤のことを指します。

有線接続のためリアルタイムに暗証番号を発行したり、リアルタイムにクラウド画面から解錠・施錠できるという特長を持っています。

遠隔かつリアルタイムに開閉が可能になるため、管理者の利便性はもちろんですが急なゲスト来訪などでもその場で解錠出来るため、ゲストの利便性・快適性の向上にもつながります。

 

TOBIRAを自動ドアにつけた時の動きムービー

百聞は一見にしかず…ということで動画のご紹介です。

本動画では

  • インターフォンによる解錠・自動施錠
  • TOBIRAキーパッドによる解錠・自動施錠
  • 内側からの人感センサーによる自動開扉
  • クラウド画面からの一時解錠
  • クラウド画面からの解錠(開放、開きっぱなし)
  • クラウド画面からの施錠(閉扉)
を見ることが出来ます。

※セキュリティ上、一部フレームアウトしている箇所がありますがご了承ください 

TOBIRAをつけるとどんな良いことがあるの?

集合玄関がある建物にスマートロック設置時に発生する集合玄関問題」が解決します。

「集合玄関問題」とは、各部屋はスマートロックで解錠できますが、結局集合玄関の解錠が出来ないため共通番号を教えてしまい、セキュリティが確保できないという状況が発生することです。

TOBIRAを取り付けると既設の自動ドア(上記映像ではNABCO社製)をTOBIRAのキーパッドで暗証番号解錠出来るようになるため、ゲストは部屋と集合玄関を同じ番号で入室・入館できるようになります。

 

気になる導入、ランニングコストは?

【初期導入費(概算)】

導入予定建物の条件によるため正確な予算を申し上げるのは難しいのですが、「価格感の把握目的のため」ということで申し上げますと

  • TOBIRA一式(基盤、電源装置、キーパッド等):20万円~30万円
  • 配線工事、設置工事、設定コンサル:35万円~55万円(自動ドア1つの場合)

を見ていただければと存じます。
詳細見積は現地調査後の御見積提示でございます。

 

【ランニングコスト(クラウド月額利用料)】

1扉5,000円~
※登録暗証番号数により変動いたします
※クラウド月額利用料はクレジットカード決済です

 

<おわりに>エントランスと各部屋をまとめて管理するなら「TOBIRA」!

TOBIRAは「一棟丸ごと」「一棟のうち一部を民泊」などの物件に取り付けていただくと効果を発揮いたします。

利用事例やTOBIRAの意外な使い方はまた別の投稿、記事でご紹介させていただきます。

 


 

Topics: RemoteLock(リモートロック), RemoteLockACS(TOBIRA)

KKEスタッフ

Written by KKEスタッフ