remotelock.png
 
 
ビジネスのためのスマートロック

導入事例   >オフィスでのスマートロック活用術

オフィスにおける鍵の管理の手間・コストを低減 

SV_事例.png


SVCロゴ.png
 


 ソフトウェアビジョン株式会社
 

昭和58年の創業の熊本県の情報サービス事業者。システム構築を軸とし、クラウド構築や運用保守などのほか、iPhoneを用いた広告業への進出、大学や各種団体と連携した実証実験など、新たな試みにも積極的に取り組んでいる。

 2017年4月にRemoteLock5iを5台導入し、3階建てオフィスビルの各フロアに取付けて利用中。今回はRemoteLock(リモートロック)導入前にお持ちだった課題から、導入後にもたらした効果、さらにオフィスでスマートロックを活用することで得られた思わぬメリットをお伺いしました。  

 

課題

 入室履歴の管理や鍵の受け渡しの手間が課題だった

  • 入室の履歴を紙に記入しており記入の漏れやデータ改ざんの心配。
  • (上述の方法での勤怠時間の管理では)残業時間の実態が見えない。
  • 土日や深夜に勤務する社員や常駐先から来る社員への鍵の受け渡しと管理が大変。
解決策

 スマートロックの導入で入室履歴を自動取得!遠隔から鍵の発行も

  • 鍵の施錠・解錠のログを自動で取得。
  • 各社員の出社・退社の時刻を明らかに。
  • 遠隔からの鍵の暗証番号の発行を可能に。
効果

 オフィスにおける鍵の管理の手間やコストの低減

  • 鍵の管理や入室の履歴管理における人為的過誤やミスの心配から解放。
  • 残業時間の実態を正確に把握できるように。
  • 鍵の受け渡しや管理の手間が不要になり時間・コストを削減。


 

Q. 導入の背景・目的について教えてください。

 

A. ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の一環で購入しました。


会社全体が取り組んでいるISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の一環としてセキュリティ管理の目的でRemoteLockを購入しました。導入前までは、入室履歴を各社員が紙に記入して保管・運用していました。ただ、社員が自ら手入力する方法では、どうしても残業時間などの記入漏れやデータ改ざんの心配がありました。データの正確性が担保できないことや、その実態が見えないことに特に課題を感じていました。


Q. 導入前の鍵の管理の方法や当時の課題について教えてください。

A. 社員への鍵の受け渡しが大変でした。


各階のドアについている鍵はセキュリティの担当者が管理していました。常駐先の社員まで含めた全社員100名に対し、鍵や情報システム等を担当しているセキュリティ管理者は5名いるのですが、土日出勤や深夜までの残業を行うケース、さらには常駐先から本社オフィスに戻ってくる社員がいる時などは、その都度、物理鍵を受け渡す必要があり、鍵を管理するセキュリティ管理者に大きな負担がかかっていました。


次ページ| 導入の決め手

「事例の続きを読む」では以下の内容をご紹介します。

  • なぜRemoteLockを選んだのか
  • 工事・運用にあたっての困りごと
  • その他に感じたメリット
  • 使用における注意点

事例の続きはこちらから▶

 


ソフトウェアビジョン株式会社様では、会社全体のセキュリティ管理の一環として、RemoteLockを新たに導入されました。以前は、紙ベースでの入室履歴の取得や、鍵の管理にお悩みをお持ちだったとのことです。「事例の続きはこちらから」をクリックいただきますと、オフィスへのスマートロックの導入事例として、RemoteLock導入までの検討過程や、運用してみての感想など詳しくご覧になれます。(RemoteLockチームより)