remotelock.png
 
 
ビジネスのためのスマートロック

-導入事例-   シェアスペースでのスマートロック活用術

会員制シェアスペースに導入後、
鍵交換の経費がゼロになり退会率も30%減少!

IK_事例.png

    RoomOneロゴ.png 

 株式会社アイケーリモデル

創業1998年。福岡県福岡市に本社を構え、建築工事や内装工事、通信機器およびシステムの企画・販売・施工などを展開。2015年に法人化を果たす。現在、新たなビジネスの柱を構築すべくシェアリングエコノミー事業に注力。2017年4月に自社運営のシェアスペースをオープンし、順調に会員数を伸ばしている。

 
2017年3月にRemoteLock5iを1台を導入し、シェアスペースの入口に取付けて利用中。導入前に抱えていた課題から、導入後の効果、そしてシェアスペースでスマートロックを活用することで得られたメリットなどについてお聞きしました。

 

課題

 セキュリティの向上、会員様の満足度アップが課題だった

  • 物理鍵を利用しており、会員様の利用履歴の把握が難しい。
  • 入室確認は監視カメラのチェックのみでセキュリティが万全ではない。
  • カメラの確認に膨大な時間を費やしており業務効率が悪い。
解決策

 スマートロックの導入で会員の入室状況をリアルタイムに把握

  • 会員ごとの鍵の解錠用の暗証番号を発行。
  • 入室状況をリアルタイムで把握できるように。
  • 利用履歴を分析して利用者の潜在ニーズを把握。
効果

 会員の満足度の向上に加え、業務の大幅な効率化も実現

  • 利用状況に基づいた声がけにより、退会率が30%低減。
  • シリンダー交換や鍵制作が不要になり時間・コストを削減。
  • 会員情報管理が強化され、セキュリティ面での安心感が増した。


 

Q. 導入の背景・目的について教えてください。

 

A. セキュリティの強化と会員様の満足度向上のために導入しました。


当社が展開するシェアスペース事業のセキュリティ向上のためです。当社のシェアスペースは会員制になっておりますが、利用される方の利便性向上と入室管理に活用するのに加え、それぞれの会員様の利用頻度などを検証することで、さらなる満足度の向上に繋げることを目的に導入を決めました。


Q. 導入前の鍵の管理の方法や当時の課題について教えてください。

 

A. 会員様の入室状況の確認に、膨大な時間を費やしていました。


以前は、通常の鍵を使用していました。スマートロックではなく一般的な物理鍵ですね。そのため、会員様が退会されたり、鍵の紛失が発生したりするたびに、シリンダーを交換していました。また、入会時には、会員人数分の鍵を手配する必要もありました。

会員様の入室管理については、スタッフが細かくチェックする体制を取っていました。監視カメラの映像をすべてチェックするなど、膨大な業務時間を費やしており、セキュリティと経費の両面で、大きな課題を抱えていました。




次ページ| 導入の決め手   スマートロックでの料金比較

「事例の続きを読む」では以下の内容をご紹介します。

  • なぜRemoteLockを選んだのか
  • 工事・運用にあたっての困りごと
  • その他に感じたメリット
  • 会員様からの反応

事例の続きはこちらから▶

 


株式会社アイケーリモデル様では、シェアスペース事業のセキュリティ強化と、会員様の満足度向上のため、RemoteLockを新たに導入しました。以前は、物理鍵を利用していたため、利用者の入室管理を監視カメラで確認しており、その作業に膨大な時間がかかることが大きな課題でした。「事例の続きはこちらから」をクリックいただきますと、シェアスペースへのスマートロックの導入事例として、導入までの検討過程や運用後の感想などが詳しくご覧いただけます。(RemoteLockチームより)