remotelock.png
 
 
ビジネスのためのスマートロック

-導入事例-   レンタルスペースでのスマートロック活用術

シンプルな入室方法で利用者に優しいレンタルスペースを提供。
物理鍵フリーで運用トラブルも回避。
 

SM2_事例.png


スペースマーケット_ロゴ.png

 株式会社スペースマーケット

2014年創業。世界中のあらゆるスペースを簡単に貸し借りできるプラットフォーム「スペースマーケット」を展開。オフシーズンの球場や平日の結婚式など、国内外のユニークなスペースをワンストップで予約できるサービスを提供する。「映画館で社員総会」「お寺でミーティング」など斬新な企画を次々と生み出し、注目を集めている。

 2017年7月にRemoteLock5iを導入し、レンタルスペースに利用中。導入以前に抱えていた課題から、導入後の効果、RemoteLockを導入して得られたメリットなどについてお聞きしました。

 

課題

 キーボックスでの鍵管理における利便性の悪さとトラブル対応が課題

  • 以前はキーボックスで運用。利用者にとって使い方がわかりにくく、操作も面倒。
  • 使い方がわかりにくいことに起因した問い合わせ対応により本来不要な工数が発生。
  • 鍵を間違えて持ち帰ってしまうといったトラブルが頻発。
解決策

 テンキー操作のシンプルなスマートロックを導入

  • 使い方がわかりやすいテンキータイプのスマートロックを導入。
  • 利用期間のみ使える暗証番号を利用者ごとにクラウドから発行。
  • 物理鍵での運用を廃止。
効果

 入室・退出時の利便性が向上!鍵トラブルも減少

  • 利用者が入室に戸惑うことがなくなり、利便性が向上。
  • 鍵の開け方に関する問い合わせが減り、本来不要な工数を削減。
  • 鍵の持ち帰りトラブルが皆無に。対応時の余計なコストをカット。


 

Q. 導入の背景・目的について教えてください。

 

A. レンタルスペースの利便性向上と運用効率の改善が目的です


RemoteLockを導入した目的は、弊社が運営するレンタルスペースの利便性向上と運用効率の改善です。利用者にとってわかりやすく、かつトラブルも極力回避できる策を模索していた時、RemoteLockを知り、ぜひ導入したいと考えるようになりました。



Q. 導入前の鍵の管理の方法や当時の課題について教えてください。

 

A. キーボックスを用いて物理鍵で運用していましたがトラブルも多かったです。


RemoteLockでの運用を始める前は、物理鍵をキーボックスで管理していました。利用者には、その都度キーボックスを開けて鍵を取り出していただき、利用後は鍵をボックスの中にしまっていただくという形で運用していました。

ただ、この運用方法では、利用者はとても手間がかかります。また、「鍵の開け方が分からない」といったお問い合わせも数多く寄せられていました。それに加えて、利用者が鍵を返却するのを忘れてしまい、誤って持って帰るといったトラブルも発生していました。




次ページ| 導入の決め手

「事例の続きを読む」では以下の内容をご紹介します。

  • なぜRemoteLockを選んだのか
  • 工事・運用にあたっての困りごと
  • 利用状況、ユーザー様からの反応
  • その他に感じたメリット

事例の続きはこちらから▶

 


株式会社スペースマーケット様では、利用者に優しいレンタルスペースの提供と、その運用の効率化を図るため、新たにRemoteLockを導入されました。以前は、レンタルスペースに物理鍵が入ったキーボックスを設置し、利用者はそこから鍵を取り出し、利用後に返却してもらう形で運用していましたが、入退室時に手間がかかるうえ、「開け方が分からない」といった問い合わせも多く寄せられていました。「事例の続きはこちらから」をクリックいただきますと、レンタルスペースへのRemoteLockの導入事例として、導入までの検討過程や運用後の感想などが詳しくご覧いただけます。(RemoteLockチームより)