民泊施設の管理

自動チェックインを実現

 

民泊やホテルでそのつど発生する

鍵の受け渡しを自動化できれば、

管理者の手間も省けます

3_hotelman.png

 

近年、民泊市場が拡大する中で民泊予約システムのAirbnbが注目を集めています。ゲストが宿泊予約をした時点で、解錠キーが自動でメール通知されれば、管理者いらずの自動チェックインが実現されます。ゲストも込み合うチェックイン・チェックアウトのために時間を使う必要がありません。

 

 

そんなときは、クラウド管理システムのAirbnbとの連携機能をご活用ください。

connect_airbnb.png

 

3_hotel_airbnblogin.png

 

Airbnbとの連携画面 

 

※本機能をご利用いただくためには、Airbnbアカウントに民泊物件を紐付ける必要があります 

・開発元であるLockState社は、米国のAirbnbのホスト支援プログラムのパートナーとして、2015年に選定されました。

・クラウド管理画面からAirbnbとの連携ボタンを押すことで簡単に物件との紐付けが可能

・ゲストの予約時に予約情報は自動的にクラウド管理システムに送られ、設定した日時のみアクセス可能な解錠キーを自動生成・メール通知

 

Airbnbとの紐付けなしに、その他こんなメリットがございます

  • ゲストには、暗証番号を伝えるだけでアクセスが可能に
  • ファミリーのご利用でも、複数の鍵を渡す必要はありません
  • 複数物件の一括管理が可能に
  • クリーニング業者がいつ入ったかの確認が可能に
  • クラウドシステムのAPIを公開。自社の予約システムへの連携も対応可能

3_hotel.png

 

聞いてみたいことはありませんか?