新米パパが実感する、保育園の入退室管理の現状と未来

[fa icon="calendar"] 19/05/10 16:52 / by KKEスタッフ

春は何かと新しいことが始まる季節。

私の娘も、この春から保育園に通い始めました。

今のところ問題なく通っていますが、これから「イヤイヤ」が始まると思うとちょっと憂鬱・・・

そんな新米ママ、新米パパも多いのではないでしょうか。

 

保育園で重要になるのが、セキュリティ。

も、保育園を見学したときは、“どのようなセキュリティが施されているか”に留意しました。

全くの部外者が簡単に入退室できるようなところは、やはり避けたいですよね。

今回は、そんな保育園の、「入退室管理の現状と未来」を取り上げます。

 

 

 

園によってセキュリティも様々!
実際に見学してわかったこと

 

保育園には様々な形態があります。

認可/認可外/企業主導型保育所といった区分もそうですが、

立地にも、園庭付き/オフィスビルの1フロア/予備校の1フロア/専門学校と併設など、

様々なタイプがあります。

これらはすべて、私と妻が見学した園のタイプですが、

そのタイプに応じてセキュリティも様々でした。

 

タイプ①:門の高いところに鍵がかかっている


園庭付きの広い保育園に見られるタイプで、

園児が触れないように、門の上など高いところに物理鍵がついている形態です。

保育園が広ければ入退室する保護者も多くなるので、 簡易的な鍵である場合がほとんどでした。

お世辞にも、セキュリティが高いとは言い難く、入退室管理には遠い印象です。

 

タイプ②:入口に受付?がある

 

人力で入退室管理をするタイプです。

オフィスビルの1フロアに見られた形態で、セキュリティが高いとは言えない印象です。

ただし、あくまでも私が見た園のタイプであるため、

新しいオフィスビルでは、より強固なセキュリティ対策を行っている場合もあるようです。

 

タイプ③:暗証番号+カードキーで対応

 

娘が通っている保育園がこのタイプ。

最初の入り口で暗証番号を入力し、次の自動ドアにカードキーをタッチします。

暗証番号が破られても、カードキーを持っていない人は入ることができません。

 

非常に強固なセキュリティですが、両親以外が迎えに行く場合(祖父母など)は、

暗証番号を教えたうえでカードキーを貸さないといけないことになり、

融通が利かないというデメリットがあります。

  

  1. ■保育園のセキュリティタイプ
  2.  ・門の高いところに鍵がかかっている

     ・入口に受付?がある

     ・暗証番号+カードキーで対応

 

 

入退室管理でママもパパも安心!

 

 タイプ③の保育園に通っている娘。

セキュリティが強固な分、入退室管理も充実していました。

画像を交えてご紹介します。

 

メールが届く!


カードキーは、自動ドアを開ける以外に、登園・退園の管理にも使用します。

専用のリーダーにカードをかざすと、以下の画像のようなメールが、

登録したアドレスに届きます。

 

■登園時

登園時

 

 

 

 

 

 

■退園時

 退園時

 

 

 

 

 

これで、ママ・パパは離れた場所にいても登園・退園の完了を知ることができます。 

 

専用アプリの通知でも届く!

 

メールだけでなく、専用のアプリでも届きます。

この機能は「コドモン」というツールを導入している保育園であれば、

アプリのダウンロードとちょっとした設定で、通知を受け取れるようになります。

以下は登園時の通知ですが、退園時にも同様の通知が届きます。

 

通知 

カードキーは必須?入退室管理の未来は?

 

メールとアプリの2段構えの通知で一安心。

ですが、どうしても避けて通れない問題が。

それはカードキーが必須であること。

 

途中で書いたように、両親以外が迎えに行く場合(祖父母など)は、

暗証番号を教えたうえでカードキーを貸さないといけません。

カードキーには紛失リスクや故障のリスクもあります。

参考:【実体験】入室できない!カードキー運用のオフィスであったまさかの鍵トラブル

 

 

RemoteLOCKでカードキーを省略!保育園運営をより効率的に・・・

 

 

RemoteLOCKを活用できないか。

娘が保育園に通い始めたころ、そんなことを思っていたのですが、

なんと既にRemoteLOCKの導入事例がありました! 

 

◆◆◆RemoteLOCKを導入している保育園事例はこちら◆◆◆

 

 

RemoteLOCKの導入で、
簡単手軽な入退室管理を実現しましょう!

 

今の保育園のセキュリティには十分満足している私ですが、

将来的に祖父母など私たち夫婦以外の者が登園・退園をするとなると、

カードキーのやりとりが煩わしいのも事実です。

RemoteLOCKを導入すれば、
イレギュラーな登園やお迎えが発生する場合に、

一時的に有効な鍵を作り、それを使ってもらうことが可能です。

さらに、解錠の通知も届くので、ママもパパも安心してお任せすることができます。

 

昔から保育園や学校にはセキュリティの課題が付きまとうものですが、

それが解決される未来も近いのではないでしょうか。

 

Topics: RemoteLock(リモートロック), Smart Lock(スマートロック), 施設管理

KKEスタッフ

Written by KKEスタッフ