remotelock.png
 
 
ビジネスのためのスマートロック

> 民泊・旅館業でのスマートロック活用術

 

訪日外国人が増え民泊等が盛り上がる中、出来るだけセルフチェックインを採用し効率を高める宿泊施設も増えてきました。

RemoteLock(リモートロック)は、暗証番号式のスマートロックです。ゲストの宿泊期間にのみ有効な暗証番号を発行することで、物理鍵の受け渡しをすることなく簡単に部屋に入ってもらうことができます。

これにより、増え続ける外国人旅行客に親切でわかりやすい、かつ、受付の手間を最小限にするオペレーションが実現できます。

  

自動チェックインの実現 

民泊やホテルでそのつど発生する鍵の受け渡しを自動化できれば、受付スタッフの手間も削減できます。

RemoteLock(リモートロック)は、宿泊期間中のみ有効な暗証番号を、パソコン上から発行できます。必要情報は暗証番号のみなので、事前にメールでゲストに連絡することができます。

ゲストも込み合うチェックイン・チェックアウトのために時間を使う必要がありません。

3_hotelman.png

 

ここが魅力! Airbnb(エアビー)との連携機能

RemoteLockは、(スマートロックで唯一の)Airbnbの公式パートナーです。もし、あなたが宿泊施設の予約獲得にAirbnbをお使いなら、ぜひクラウド管理システムとAirbnbの連携機能をご活用ください。3_hotel_airbnblogin.png

connect_airbnb.png

Airbnbとの連携画面  

ひとたび連携設定が完了すれば、Airbnb上からゲストが宿泊予約をした時点で、解錠キーが自動でメール通知されれば、管理者いらずの自動チェックインが実現されます。

 

・開発元であるLockState社は、2015年にAirbnbのホスト支援プログラムのグローバルパートナーになっています。

・クラウド管理画面でAirbnbとの連携ボタンを押せば、簡単に物件との紐付けが可能です。

・ゲストの予約時に予約情報は自動的にクラウド管理システムに送られ、設定した日時のみアクセス可能な解錠キーを自動生成・メール通知します。

 

【事例】 簡易宿所をキーボックスからスマートロックに。-株式会社 おおきにホテルズ 様

kani-syukusho.png

インバウンド旅行客が多い大阪で簡易宿所を営業中。宿泊客の鍵トラブルをなくすため、キーボックスの運用からスマートロックを導入し、セキュリティを強化しました。詳細はこちら

 

 

 

まだまだこんなメリットも!

  • ファミリー・グループのご利用でも、複数の鍵を渡す必要はありません
  • 複数物件が離れた場所でも一括管理が可能です。
  • クリーニング業者がいつ入ったかの確認も可能です。
  • クラウドシステムのAPIを公開。APIを使った開発をすればサイトコントローラーや自社の予約システムからの自動化も可能です。

3_hotel.png

 

 

Airbnbとの連携機能を確認

Airbnb連携手順の資料ダウンロード

 

ーこちらの記事もチェック !! ー

スマートロックを導入すれば、民泊の物件管理はもっと簡易化できる!

Airbnb(エアビー)のリスティングをスマートロックで運用?

出張で民泊を使った時のトラブルはRemoteLockで回避できます(実話)

 

スマートロックの利点を解説

民泊にスマートロックを導入する5つのメリット