時間貸しにあわせた
鍵の発行を実現

時間貸しのレンタルスペースや貸し会議室、スタジオ、会員制の利用施設などの受付・入室管理は、スマートロックを使った遠隔対応が可能です。

人を置けないレンタルビジネス

レンタルスペースでは、立地が大事な条件の1つでニーズの高い場所にポイントを絞る為、複数部屋を経営をすると大抵は物件同士が離れてしまいます。 また、現在収益化していない不動産、空室の有効活用でも、1部屋の管理に大きな手間をかけられないため、レンタルビジネスでは施設規模が小さいと、人件費をかけて常に受付対応を行うことは難しくなりがちです。

時間貸し 入室トラブルはクレームに直結

無人管理のためにキーボックスを使う等の方法も1つの手ですが、毎日異なる人が利用するレンタルスペースでは、カギの場所が見つからなかったり、誰かがカギを返し忘れてしまう等があると、今度は問い合わせ対応に追われてしまいます。また、万一、お金を払ったのに予約開始時刻を過ぎて入れないという事態が発生してしまうと顧客満足度を大きく下げる事になってしまいます。

RemoteLOCK
3つの特徴

  • 01

    予約時間だけ入室を許可

    RemoteLOCKは予約に応じた暗証番号の発行ができ、同時に1000件までの暗証番号発行が可能です。暗証番号の発行はこのように、1時間でも1週間でも任意の設定が可能です。 有効期限が切れた暗証番号は自動で無効になるため、1度利用した方が無断使用する心配がありません。 また、1回貸しだけでなく、このように曜日指定の定期利用対応も可能です。

  • 02

    カンタン、わかりやすい入室方法

    テンキーに指定された暗証番号を入れるだけ。初めての方にもわかりやすい使い方です。ポストやキーボックスで鍵を探したり、他の場所に鍵を受け取りにいく必要もありません。 利用者への連絡は、暗証番号発行時にメール通知が可能です。 また、スマートロックで問題となりがちな、利用者側がスマホアプリをインストールする必要もありません。

  • 03

    遠隔管理で無人経営を実現

    カギ渡し、受付対応で人が常駐する必要はなくなります。管理システムのLockState Connectはインターネットブラウザさえあればどこからでも管理が可能です。予約対応がいつ・どこからでも可能になります。 また、実際に利用者が入室できたかの履歴もリアルタイムに確認でき安心です。入室時にメールの通知設定も可能です。

RemoteLOCK
レンタルスペース運用のレシピ

無人経営のために、RemoteLOCKと組み合わせて
使っているサービスをご紹介します。

01

予約サイトで
お支払い

02

RemoteLOCKで
遠隔入室管理

03

Webカメラで
お部屋をチェック

STEP

  • 01

    自社のHPで予約受付やレンタルスペースの掲載サイトを利用して予約取得とクレジットカードで事前にお支払いを完了。

  • 02

    成立した予約にあわせ、RemoteLOCKの暗証番号を発行、メールで通知します。

  • 03

    当日の利用状況はWebカメラから確認。
    RemoteLOCKは入室・退室の履歴が残りメールも飛ばせるので、予約開始・終了時間を見計らって様子を確認したり、入室通知メールが届いたらWebカメラを確認しています。

3つの組み合わせで、予約取得、お支払い、カギのお渡し、入室・利用終了の確認をしています。また、RemoteLOCKはAPIを公開しているため、お客様によっては自社の予約システムからAPIを利用して(※お客様側でシステム開発が必要です。)、暗証番号の発行・通知の作業を、完全に自動化しています。

RemoteLOCK
による管理のおすすめ

  • 貸し会議室や貸切型は

    RemoteLOCK  5i

    カギの開け閉めを
    利用者が管理できるので
    使いやすい

  • シェアスペースや
    同時利用がある会員施設は

    RemoteLOCK  7i

    オートロック仕様で、
    複数人が出入りしても
    閉め忘れなし

いずれのタイプでも、ドア間の暗証番号の連動や、
クラウド管理機能はご利用頂けます。

ご質問やご相談はこちらからどうぞ

お電話

03 5342 102603 5342 1026

お問い合わせフォーム