remotelock.png
 
 
ビジネスのためのスマートロック

導入事例   >民泊・旅館業でのスマートロック活用術

簡易宿所をキーボックスからスマートロックに 

おおきにホテルズ_人物入り.jpg 

ホテルズ.png

     株式会社 おおきにホテルズ

 

旅館・ホテル・簡易宿所等の宿泊事業を行うおおきにホテルズ様。「大阪・京都の滞在を気軽に、楽しく」をコンセプトに観光に好立地の宿泊先を用意しインバウンド需要の取り込みに成功しています。

 2017年4月にRemoteLock5iを簡易宿所に導入いただきました。今回はRemoteLock(リモートロック)導入前にお持ちだった課題から、導入後にもたらした効果、さらに簡易宿所の運営でスマートロックを活用することのメリット等についてお伺いしました。同社では外国人旅行客をターゲットとした簡易宿所を運営しており、導入前のチェックイン・鍵の受け渡しはキーボックス・電子錠の併用で運用していました。

 

課題

 宿泊客の鍵紛失、一度泊まったお客の無断利用が課題

  • 鍵が無くなると宿泊者への問い合わせから始まり、再発行の手間が発生。
  • 一度宿泊した方には番号がわかってしまうのでセキュリティの問題があった。
  • 緊急用の鍵も一度使った人は隠し場所が分かってしまうリスクがあった。
解決策

 暗証番号をその都度変えるために、スマートロックを導入

  • 物理鍵を、クラウドで管理ができるRemoteLockに交換。(WiFi経由で通信)
  • お客様毎に異なる暗証番号発行や、番号変更が事務所から遠隔で可能に。
効果

 セキュリティを強化したオペレーションが可能に

  • セキュアな運用が可能に。
  • ゲストの入室履歴をウェブやメールで確認。清掃スタッフの業務確認にも活用
  • 業務利用のため、破壊される心配がない安心感を得られた。


 

Q. 導入の背景・目的について教えてください。

 

A. キーボックスでは暗証番号がわかってしまったり、鍵の紛失が課題

 

今までは主にキーボックスを利用していました。物理キーだったので、鍵が無くなると宿泊者への問い合わせからはじまり、しばしば鍵の再発行などの手間や費用が発生してしまい大変でした。また、以前入室した人は番号を知ってしまっていること、別の場所に隠してある緊急用の鍵も一度使った人は分かってしまうので、不正利用を防ぐという面ではセキュリティ的な問題がありました。

 

Q. 導入前の鍵の管理の方法や当時の課題について教えてください。

A. タッチキーの電子錠も導入したのですが、現地での変更が大変でした。


タッチキーの電子錠も一部導入していたのですが、ローカルでの変更が必要なので、更新していくことが大変でした。やはり、暗証番号をその都度変え、セキュリティを高めるというオペレーションに変えて行きたいと思い、実現できるものを探していました。

また、通常の電子錠では入室などのログも取得できないので、チェックインしたかどうかもわかりませんでした。

 


次ページ| 導入の決め手

「事例の続きを読む」では以下の内容をご紹介します。

  • なぜRemoteLockを選んだのか?(製品選定の決め手)
  • 導入のハードルや手間
  • 利用状況とメリット
  • 今後の展望

事例の続きはこちらから▶

 


株式会社おおきにホテルズ様では、宿泊施設のセキュリティ管理の一環として、RemoteLockを新たに導入されました。以前は、キーボックスのセキュリティやタッチキーの管理の手間にお悩みをお持ちだったとのことです。「事例の続きはこちらから」をクリックいただきますと、簡易宿所へのスマートロックの導入事例として、RemoteLock導入までの検討過程や、運用してみての感想など詳しくご覧になれます。(RemoteLockチームより)