券&証のデジタル化、実店舗の業務効率化におすすめ!

パスプラットフォーム  KINCHAKU(キンチャク)との連携

kinchaku_hero_image
(出典:https://www.kinchaku.com/)
 

◆KINCHAKUの概要◆

KINCHAKUは、顧客体験をデジタル資産へ変えられる実店舗向けのパスプラットフォームです。

iOSとAndroidの標準アプリであるApple WalletとGoogle Payで管理できるウォレットパスの発行・販売や、予約・決済、顧客・売上管理、分析、リピータ獲得等をワンストップで行えます。

 

店舗利用者は、KINCHAKUのブラウザ上で券や証の購入、店舗の予約ができ、発行されたウォレットパスをApple WalletやGoogle Payに追加し、デジタルカードとして店舗をスマートに利用することができます。本人確認もオンライン上で完結できます。イベントチケットや入場券、会員証、ポイントカード、回数券、クーポン、サブスクリプションなど、紙の持ち歩きから解放されます。

 

店舗運営者は、券や証の販売、サービスの予約受付をオンラインで行うことができ、着券業務や受付業務の費用を削減することができます。また、利用データから店舗利用者の属性、行動などの定量的なデータ分析ができ、発行したウォレットパスに対して通知機能や特典付与を行うことで販促・プロモーションを行い、リピーター獲得につなげることができます。

 

KINCHAKUを利用することで、紙やプラスチックで行っていた煩雑な着券・受付業務をデジタル&効率化し、店舗利用者の継続利用を促進させ、ウォレットを軸とした新たな顧客体験を提供できるようになります。

 

kinchaku-usage (1)

(KINCHAKUの利用イメージ)

 

 

 

◆RemoteLOCK×KINCHAKUの連携概要◆

 

RemoteLOCK×KINCHAKU_ver2

 

KINCHAKUとRemoteLOCKを連携すると、店舗運営者は店舗利用者に対して、券や証、チケットなどの有効期間または店舗サービスの予約時間のみ有効な暗証番号付きのウォレットパスを自動で発行できます。

 

ウォレットパスを購入した店舗利用者は、Apple WalletやGoogle Payに追加したパス上で入店用の暗証番号が確認でき、暗証番号を店舗の入口や個室に設置されたRemoteLOCKに入力して入室できます。鍵の貸し借りがオンラインで完結でき、手ぶらで店舗に入室ができるので、店舗利用者の利便性が向上します。退店時の鍵の返却も必要ありません。

 

店舗運営者は、鍵の受け渡しの自動化や、入店管理を遠隔から行えるようになります。対面での鍵の受け渡しが不要となり、予約制や会員制、サブスクリプション制のサービス提供を行う実店舗の無人運営が行えます。土日祝日や早朝・深夜帯の営業、24時間営業、着券・受付業務の人件費削減を実現しつつ、次世代のおもてなしを提供いただけます。

 

 

KINCHAKU_利用フロー図-2

(KINCHAKU×RemoteLOCK 利用フロー)

 

 

 

◆こんな方におすすめです◆

 ・煩雑な着券・受付業務をデジタル&効率化したい店舗運営者様

 ・無人や遠隔で店舗運営・入店管理を行いたい店舗運営者様

 ・コワーキング・シェアオフィス、ジム、レンタルスタジオ、セルフエステ、展示会場、アクティビティ施設、テーマパーク、コンサート会場、映画館、トランクルーム、オフィスビル、スポーツ施設、動物園、水族館、文化施設等の店舗・施設運営者様

 

 

 

 

◆導入フロー・料金◆

RemoteLOCK:

 導入フロー:https://remotelock.kke.co.jp/apply/

 料金:https://remotelock.kke.co.jp/prices/

 

KINCHAKU:

 導入フロー:https://www.kinchaku.com/features

 料金:https://www.kinchaku.com/pricing

 

 

 

◆サービスの詳細◆

RemoteLOCK:https://remotelock.kke.co.jp/

KINCHAKU:https://www.kinchaku.com/

 

 

 

◆お問合せ先◆

RemoteLOCK:https://remotelock.kke.co.jp/contact/

KINCHAKU:https://www.kinchaku.com/contact