Access
+
Control

RemoteLOCKは、クラウド管理システムにより、いつ・どこからでも施設のアクセスコントロールが可能になります。
最新かつ利便性が高い入室管理システムで、誰がいつどの施設に入れるかとその実績を、柔軟に管理・運用することができます。

暗証番号を遠隔管理。
キーレスエントリーを
手軽・安全に

RemoteLOCKは、WiFiを通じて、クラウドシステムから管理できます。
暗証番号は、同時複数個の設定、複数施設で連動など自由な設定が可能です。
カードキーや物理鍵の受け渡しも不要となり、
完全キーレスのエントリー、遠隔マネジメント、ITで管理ができるようになります。

アクセス・施設管理に
作り込まれた
パワフルな機能

  • SECURITY

    アクセス時間をコントロール

    アクセス可能な日時をあらかじめ期間指定。
    また特定曜日のみアクセス可能にすることも。
    IT管理により、必要な時にだけ利用な鍵を渡すことができます。

  • EFFIECENCY

    グループ管理で一括設定

    複数のドア(部屋)をまとめてグループ化。
    施設グループ毎に入室権限を付与できます。
    また、エントランスと各室も「共用ドア」として同期が可能です。

  • TRACEABILITY

    履歴管理・通知

    施錠・解錠、すべての履歴は記録されています。
    ゲストが解錠したらリアルタイムにメール通知・到着を把握することや、現在の状況を把握することができます。
    レポート機能で履歴はいつもでもダウンロード可能です。

  • SCALABILITY

    1つのプラットフォーム

    ビジネスの成長にシームレスに対応します。
    1つのRemoteLOCKには最大1000ユーザー(暗証番号)の登録ができ、LockState Connect は複数拠点や100室を超える大規模施設の管理が可能です。

ビジネスシーンの利便性と
セキュリティを両立

受付から入室確認までの現場対応を無人に

個人毎の入室・セキュリティ管理

Point

  •  

    1人ずつ異なる暗証番号で管理

  •  

    オンライン(遠隔)で
    いつでも
    取り消し・追加が可能

  •  

    異なる施設も、個人は同じ
    番号で出入りが可能

  •  

    複数の施設を一元管理

 

予約サイト・宿泊管理ツールとの
システム連携

  • 予約サイト

    世界最大級の宿泊予約サイト
    Airbnbとの連携

    ゲストもホストも、お互いの予定を気にせず、鍵の受け渡しが自由に。Airbnbとクラウド管理システム(LockState Connect)と連携し、予約にあわせてゲストに解錠キーを自動発行します。

  • 予約サイト

    インスタベースとの連携

    インスタベースは、どんな空間でもレンタルスペースとして掲載・収益化できるサービスです。予約ごとにユニークな暗証番号が利用者に自動送信されるので、鍵の受け渡しの必要なく、効率的に予約を受け付けられます。

  • 自社予約システム

    Reservaとの連携

    自社予約管理システムReservaでは様々な業態に対応した予約・決済と連動し、RemoteLOCKの暗証番号が自動発行・入室管理ができます。

  • サイトコントローラー

    Beds24との連携

    Beds24は、複数の宿泊予約サイトを一元管理し、集金機能をあわせもつサイトコントローラーです。宿泊単価や在庫を管理し、予約にあわせて暗証番号を自動発行します。

    Beds24が連携する予約サイト
    [ Booking.com / Expedia / Airbnb / Ctrip / Agoda / FlipKey / ねっぱん!]

  • サイトコントローラー

    PMS

    チェックイン

    AirHost (エアホスト) PMS
    との連携

    AirHost PMSは、複数の宿泊予約サイトの予約を一元管理するPMS(Property Management System)です。複数サイトからの予約をコントロールし、予約にあわせて暗証番号を自動発行します。

    AirHost PMSが連携する予約サイト
    [Airbnb / Booking.com / Expedia / Agoda / 自在客 / 途家 / AsiaYo / FlipKey / 手間いらず]

  • PMS

    チェックイン

    inntoとの連携

    inntoは、株式会社アルメックスが販売、and factory株式会社が開発した宿泊施設向けPMSです。PMSの予約情報からお客様毎にRemoteLOCKの暗証番号が自動発行されます。

  • 自社予約サイト

    PMS

    チェックイン

    YOYAKEYとの連携

    YOYAKEYは、自社HP予約機能とチェックインに対応したオールインワン型のPMSです。PMS上の予約(サイトコントローラーまたはHPから取得)情報に対して、RemoteLOCKの暗証番号が自動発行されます。

  • セルフチェックインサービス

    ABCチェックインとの連携

    宿泊施設の本人確認を行う録画型のセルフチェックインサービスです。パスポート撮影などチェックイン作業が完了するとRemoteLOCKに登録されたゲスト/暗証番号情報を読み込んで表示させます。

  • セルフチェックインサービス

    民泊インとの連携

    民泊インは、宿泊施設の本人確認を行う通話型のセルフチェックインサービスです。サイトコントーラー等から取得した予約情報からチェックインをし、オペレーターにて本人確認がされると、RemoteLOCKの暗証番号が発行されます。

  • セルフチェックインサービス

    KEY STATIONとの連携

    KEY STATIONのチェックインサービスを利用すると、コンビニエンスストアなど近隣店舗またはタブレット端末でチェックインした際に、暗証番号を自動発行されたRemoteLOCKの暗証番号を受け取ることができます。

  • セルフチェックインサービス

    m2m check-inとの連携

    matsuri technologiesが提供するオペレーションつきチェックインサービスm2m check-inで、お客様毎にRemoteLOCKの暗証番号が自動発行されます。

  • 精算機

    多機能精算機RONTとの連携

    精算機と連携し、チェックイン・現金等での支払いの後にRemoteLOCKの暗証番号を表示が可能です。ご導入は施設のホテルシステム等と精算機を接続する形になります。

記載されている製品名・会社名等は各社の登録商標です。

宿泊施設でのご利用は、住宅事業法・旅館業法などの法令、自治体の条例、物件の規約に沿ったご利用をお願いします。

APIによる連携

APIによる連携

管理システム(LockState Connect)はAPIを備えています。APIを使えば、LockState Connectの各機能を外部のシステムからの利用が可能です。さらなる自動化・効率化を進め、APIを通じて自社のソリューション・システムにスマートロックの管理機能を取り込むことで新たな価値が生まれます。

APIによる連携

自社業務システムと連携

APIを使えば、LockState Connectの各機能を外部のシステムからの利用が可能です。
さらなる自動化・効率化を進め、APIを通じて自社のソリューション・システムにスマートロックの管理機能を取り込むことで
新たな価値が生まれます。

  • 米国 シャワールーム事業の
    受付システム連動

    シャワールームの受付をシステム化し、入室管理と連動。
    TOBIRAを使って入退室管理を自動化することで収益性をアップしました。

オープンサービスと
ソリューション連携

海外事例を中心にAPIの連携実例をご紹介します。
LockState ConnectのAPIはこのような連携に耐える
汎用性の高いAPIご用意しております。

  • 海外(他社)スマートロックの管理

    リッチな施設管理機能のメリットを活用するため
    他社スマートロックが提携。
    LockState Connectの管理機能を使って法人ニーズにこたえるクラウドでの入室管理が可能になりました。

API資料のお申込み