TOBIRA

TOBIRAをオプション導入することで、宿泊施設のエントランスなど自動ドアや電気錠をクラウド接続。各部屋のRemoteLOCKとの連動も可能です。

クラウドで管理する暗証番号を使ってオートロックのエントランスを解錠することができます。クラウドから入室者の管理・履歴の確認ができるほか、リアルタイムの遠隔解錠/施錠/一時解錠も可能です。
暗証番号と遠隔解錠でオートロックシステムを物理キーなしで運用することでき、その暗証番号は各部屋のスマートロックとの連動が可能です。

product_HP_product-tobira-4

 

エントランスの管理に最適


TOBIRA-image


TOBIRA_cloud_image01

クラウドから各部屋のスマートロックと連動できます

利用シーン

宿泊施設のエントランスの自動ドア、電気錠が設置されたオフィスの入口ドア、既設の開き戸/引き戸、
屋外のスポーツ施設やドッグランのゲート、駐車場、エレベーター etc.
あらゆるアクセスシーンをクラウドからコントロール可能にします。


  •  

  • TOBIRA-case_02

    TOBIRA-case_01

導入イメージ

電気錠や自動ドアの制御盤にTOBIRA基板を設置します。外観には認証リーダーを取り付けするだけ。
館内の各部屋にRemoteLOCKを導入している場合、利用者は各部屋を解錠する暗証番号でエントランスを解錠できます。

  • TOBIRA_image01

    電気錠が設置されたドアに後付けでクラウド管理

  • TOBIRA_image02

    壁面などに認証リーダーを設置

  • TOBIRA_image03

    エントランスと各部屋の暗証番号が連動

 

 

 

 

  • TOBIRA-set

    TOBIRA 制御基板セットイメージ

  • rl-multi-reader

    マルチ認証リーダー(テンキー・FeliCa・QRコード) 

  • rl-multi-reader_PINandIC
    認証リーダー(テンキー・FeliCa)

TOBIRAを使用する事で、今まで「RemoteLOCK」では対応ができなかったドア(自動ドア、引き戸など)に対しても
クラウドでの統合管理が可能になります。多くのインターホンシステムとの連動が可能ですので、
不特定多数の方が利用される施設やマンション等の集合住宅の共用エントランスへの導入にも適しています。

TOBIRAを共用エントランスに使うと、既存の解錠方法・暗証番号による解錠・遠隔解錠を併用することができます。
TOBIRAは、オフィス等で良く利用されているセキュリティシステムと同じ形式のリーダーとロック機構を採用しており、
よりフォーマルなアクセスコントロールシステムを導入されたい方にもおすすめです。

 

また宿泊施設や商業施設のご利用にあたり、火災報知器との連動や

エレベーターや駐車場等様々な電気制御するものに対してアクセスコントロールが可能です。

初期導入費

 

本体(リーダー、制御基板、電源ボックス)一式が40万円(税抜 標準仕様)
配線工事および設定※ : 設置会社によるお見積もり


 ※参考価格(工事)30万円以上〜、50万円程度。既存設備状況や同一拠点での導入ドア数により変動します。
設置には電源供給(100V)の及び有線LAN(インターネット環境)が必要です。

月額利用料

月額 5,500円(税込)/リーダー ※

  • ※認証リーダー1台の場合、入室時のみの認証です。入退室両方に認証を必要とする場合は1扉に2つのリーダーを設置し、料金もリーダー台数に比例します。

クラウド管理システム「LockState Connect」のオプション契約となります。
クラウド上の管理機能は管理システムページをご参照ください 。TOBIRAと RemoteLock はご一括で管理いただけます。

TOBIRAの詳細資料請求およびお問い合わせは以下に入力の上ご送信ください。

導入フローの全体はお申込みページから
ご確認ください。