はじめましょう、
スマートビジネス。

ハードウェアラインアップ
      

遠隔施設管理を可能にするスマートロック。
用途に合わせた機種選択で最適な入室管理へ。

製品ラインナップ

リモートロックは暗証番号とテンキーの操作によってドアの施錠・解錠が可能です。
暗証番号の発行や入室履歴の閲覧は、クラウド管理システムでパソコン・スマホ等環境を選ばずに管理ができます。

施設や建物の管理者は、遠く離れた場所からカンタンに鍵の管理ができます。

 

製品情報資料ダウンロード

ダウンロード

 

機種の選び方

施設レイアウトとご利用機種の例

施設レイアウト例




機種選定にお困りではありませんか?おすすめの機種とドアへの取付要件のご確認はこちら

機種の選び方と取り付け可否の確認 >施設レイアウト例

 

製品の比較 (機種別)

  • RemoteLOCK
    5i

     

  • RemoteLOCK
    7i

     

  • RemoteLOCK
    8j

     

  • RemoteLOCK ACS
    - TOBIRA -

     

製品
スマートロック(デッドボルト)

5i

スマートロック(ホテルロック・ドアノブ一体型)

7i

スマートロック(デザイン性・シリンダー錠交換可)

8j

電気錠の遠隔制御システム

TOBIRA

製品

RemoteLOCK 5i

RemoteLOCK 7i

RemoteLOCK 8j

RemoteLOCK ACS (TOBIRA)

導入のしやすさ
鍵本体の購入費 35,000円(税別) オープン価格 79,000円(税別) 本体機材一式の最小費用が30万円~
取付工事 ドアに工事(配線不要) ドアに工事(配線不要) ドアに工事(配線不要)
シリンダー錠交換可
電源、配線含む工事
対応可能なドア ドア厚 30-45mmのドア
(標準規格)
ドア厚 35-60mmのドア ドア厚 30-50mmのドア
※引き戸対応
自動ドア、外部制御
可能な電気錠
電源工事 なし(単三電池) なし(単三電池) なし(単三電池)
※電源接続が可
あり(100V電源)
通信方法 Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi 有線LAN
機能の豊富さ
共通機能

クラウドで管理する各機能

  • 遠隔から暗証番号追加・削除・変更

     

  • 電池残量の把握

     

  • スケジュール設定による施錠・解錠

     

  • 有効期間の設定

     

  • ドア間での暗証番号連動

     

  • 履歴の取得※とリアルタイムの通知機能

     

  • 予約システムとの連携 etc.

     


詳しくは、「機能」のページでご確認ください。


※施錠履歴は機種により違いが出るため詳細はお問い合せください。

暗証番号による
解錠
遠隔解錠(ネットワーク
からの解錠)
スケジュール施錠
オートロック

 

 

 

他社スマートロック製品との比較

  • RemoteLOCK

     

  • スマーロックA社

     

  • スマーロックB社

     

 

 

RemoteLOCK

 

スマートロックA社

 

スマートロックB社

費用など

 

※機種やプランに拠ります

 

本体 35,000円〜

 

月額 1,500円

 

リースモデル

 

月額2,300円〜

 

本体54,800円〜

 

月額5,000円

 crown幅広いビジネスシーンでの導入実績 
宿泊
レンタルスペース、シェアオフィス
オフィス
フィットネスやジム、無人店舗
大規模な複数施設の店舗等管理

 

crown柔軟な運用・施設レイアウトに対応する管理機能

エントランス対応

マスターキーの作成
ドアグループの設定
管理権限のカスタマイズ
アクセス不可日の設定 s-circle s-circle

デバイススケジュール設定

予約サイト・予約システムとの連携


宿泊管理ツール

(サイトコントローラー、PMS、チェックイン)

との連携

 

10以上の様々なサービスと連携

 

特定1サービスでのみ連動可

 

特定2サービスでのみ連動可

自動精算機の連携
APIの提供

 

crown緊急時の入室に対応

物理カギの有無
ネットワーク切断時の入室可否