スマートロックのRemoteLOCK 、
タップのPMS「accommod(アコモド)」と連携開始。

 

 スマートロック「RemoteLOCK」(販売元 株式会社構造計画研究所)と、小規模宿泊施設向けWEB宿泊予約・宿泊管理サービス「accommod( アコモド)」(https://www.accommod-hp.com/ 販売元 株式会社タップ がシステム連携を開始しました。

kke-tap_2

 

 アコモドは、宿泊施設向け情報システム専門会社のタップが提供する、小規模宿泊施設向け宿泊管理サービス(PMS)です。主な機能として、サイトコントローラーとの連携及び、予約管理、部屋割り、チェックイン、チェックアウト、付帯売上入力、売上集計、顧客管理等が行えます。

 

 今回の連携により、アコモドの管理画面上でルームキー(RemoteLOCKの暗証番号)の管理業務(RemoteLOCK本体のお部屋への割り当て、スケジュールによる自動の鍵発行、迅速な鍵の再発行、延泊減泊時の鍵の有効期間の変更などの作業)が行えるようになります。
 
【アコモドとRemoteLOCK連携の主な機能】
 ・PMS上のお部屋とRemoteLOCK本体の割り当て
 ・部屋割りと同時に暗証番号を自動生成しゲストに送信
 ・ゲストへの暗証番号の送信タイミング設定(複数回送信可能)
 ・暗証番号の有効期限の設定
 ・延泊減泊時の暗証番号の有効期限を即時変更
 ・PMS管理画面上で、RemoteLOCK本体の電池残量確認
 ・PMS管理画面上で、暗証番号の確認・即時再発行

 宿泊施設では、物理的な鍵の受け渡しが不要となる上、その管理業務についても延泊、減泊、暗証番号の通知など一連の基本業務をPMS上で対応が可能になり、業務の効率化を図れます。
 宿泊客にとってもグループ滞在時にカギを持ち合う必要がない他、フロント業務の効率化に伴うチェックイン時の混雑緩和など、利便性の向上が期待されます。
 
  • RemoteLOCKについて

「RemoteLOCK」はLockState 社(本社:米国コロラド州、CEO:Nolan Mondrow)が開発した クラウド管理型のスマートロックです。宿泊市場では、アプリ不要・テンキーのスマートロックという利便性の高さと、宿泊期間のみ有効な暗証番号というセキュアな運用が支持されています。開発元のLockState 社は民泊大手の米国Airbnb 社の世界でも数少ないGlobal Partner として認定されています。日本市場での販売とサービス提供は、株式会社構造計画研究所(本社:東京都中野区/ 代表執行役社長:服部正太)が実施しております。RemoteLOCKシリーズではワイヤレスのホテルロック「7i」や自動ドア(エントランス)対応製品「TOBIRA」などがあり、連携先サービスの拡大と共に国内宿泊施設への導入が進んでおります。

 

  • 「accommod(アコモド)」について   

 アコモドは、宿泊施設情報システム専門会社の株式会社タップが提供するシステムです。業界ノウハウにより、国内主要サイトコントローラーとの連携、予約管理、部屋割り、チェックイン、チェックアウト、付帯売上入力、売上集計、顧客管理など基本的なPMS機能を小規模宿泊施設向けに最適化しています。宿泊施設の公式宿泊予約ページ、複数施設の一括管理等にも対応したシステムです。

 

accommod(アコモド)のパンフレットはこちらです。

詳細は提供元の株式会社タップ様までお問い合わせください。


RemoteLOCKについては以下からお問い合わせください。

  https://remotelock.kke.co.jp/contact/

 

※構造計画研究所および、構造計画研究所のロゴは、株式会社構造計画研究所の登録商標です。その他、記載されている会社名、製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。