今話題の無人店舗「Naramachi BookSpace ふうせんかずら」にRemoteLOCKが採用されています!

[fa icon="calendar"] 2019/03/08 / by T.SATO

T.SATO

 

2018年8月に奈良のならまちに、驚きのお店が登場しました!
なんと、無人&キャッシュレスな古本屋さん。その無人運営にはオンラインで鍵管理ができるRemoteLOCKを大いにお役立ていただいています!そのひみつを少しだけご覧ください!

(掲載内容は2019年3月時点の情報です)

 

無人&キャッシュレス書店"ふうせんかずら"とは?

 

無人 & キャッシュレス書店"ふうせんかずら"は、奈良市ならまちに2018年8月にオープンしました。運営するのは有限会社ならがよい。

  1. わたしたち奈良ブックフェスタ実行員会は、““本に出逢い、本を愉しみ、本と過ごせる”をテーマに、奈良市を中心に本のイベントを開催してきました。そのなかでお客さま(購入者)から「わたし、この出店者さんが選ぶ本が好き」「わたし、この出店者さんと相性が良いみたい」というお声をたくさん頂戴しました。

    そんな嬉しいお声を受け、出店者さん(本屋)とお客さまが出逢い、繋がる空間(実店舗)を創り出す挑戦をいたします。それが「Naramachi BookSpace ふうせんかずら」です。

▲ふうせんかずらホームページより参照

 

人がいなくても、 本を選んだ人の想いが静かに伝わってくる。 」という新しいコンセプトのブックショップとのこと。

 

先日、RemoteLOCKスタッフが実際に訪問してまいりました。言葉では伝えきれない魅力も多いので、写真で店舗の様子をお届けします。

まずは、内観から。木の柱と梁に加え、温かみのある照明が、店内を包みこみ、何ともくつろげそうな空間です。

 

ふうせんかずら1

 

本は、8名のブックオーナーが厳選した書や、奈良の本、季節の書などが並んでいます。


"ふうせんかずら"のホームページに掲載されている写真もお借りしながらご紹介します。

 

ふうせんかずらHP3

 

ふうせんかずらHP1

 

ちょっとしたインテリアにもこだわりを感じます。見ているだけでも楽しいですね。

 

ふうせんかずらHP4

 

奥にスクリーンとプロジェクターを用意して、トークライブが行われることもあるとのこと。本に囲まれて、素敵な話に耳を傾ける。贅沢な時間です。

 

 

無人店舗”ふうせんかずら” と RemoteLOCK。 どんな関係が?


ここで皆さま疑問に思われたのではないでしょうか?

 

・RemoteLOCKチームのブログで、なぜ、”ふうせんかずら”を紹介しているのか?

・”ふうせんかずら” と RemoteLOCK にはどんな関係があるのか?

 

もちろんその答えは…

 

無人運営にRemoteLOCKを活用いただいているから

 

です。

 

ふうせんかずらHP2

 

ご覧の写真の通り、店舗の入り口にはRemoteLOCK7iが導入されています。実はここに無人運営のヒミツがあります。

 

 

無人なのにどうやって運営している? "ふうせんかずら"の利用方法は?

 

無人でどのように成り立っているのか?”ふうせんかずら”の利用の流れを少しだけご紹介します。

  1. 1.利用できるのは会員だけ!まずはブックメンバーに登録

ふうせんかずらHP5

 

”ふうせんかずら”は、普通のお店とは違い、見かけてふらっと立ち寄ることはできません。必ず、ブックメンバーに登録する必要があります。

 

Webから登録できるブックメンバーになれば、誰でも自由に入店できます。

 

登録は無料です。ご安心ください。

  1. 2.自分のIDナンバーで入店&キャッシュレスで購入

ブックメンバーになったら、いざ入店!

 

ここでRemoteLOCKの出番が来ます。

ブックメンバーになると、IDナンバーが送られてきます。これがRemoteLOCKの暗証番号です。

自分のIDナンバーでカギを開けて入店できるのです。

 

購入はセルフレジを使います。レジカウンターでカード購入ができます。使えるカードは、各種クレジットカードはもちろん、Suica、PASMOなどの交通系カード、nanacoなどの電子マネー。詳しくはホームページ(http://narabook.space/index.html)にてご確認くださいませ。

 

  1. 3.防犯対策やセキュリティはどうなっている?

 盗難被害やトラブルが発生しないかなど、心配も多い無人運営。"ふうせんかずら"では以下のような工夫がされています。

 

安心な無人運営のポイント

・店舗は常時施錠。会員しか入店できない仕組みづくり。

・24時間複数の監視カメラを使用。トラブル時も状況を把握できるように。

・お店には現金を置かない。キャッシュレスは運営者の安心にも貢献。

 無人店舗の経営を検討されている方には、非常に参考になる情報ではないでしょうか?

 

 

無人店舗の運営にも役立つ入室管理システム"RemoteLOCK"の詳細は?

 

"ふうせんかずら"でも使われている鍵と入室管理ソリューション”RemoteLOCK(リモートロック)”の詳細はぜひお気軽に資料ダウンロードくださいませ!

『RemoteLOCK』のすべてがわかる! 宿泊施設向け詳細資料をダウンロード

 

Topics: RemoteLock(リモートロック), Smart Lock(スマートロック), イベント, 無人店舗, 活用事例




T.SATO

著者 T.SATO

はじめまして。2018年にRemoteLOCKチームに参画し、現在はオンラインでの情報発信や製品紹介ウェビナーなどを担当しています。製品情報はもちろん、宿泊、レンタルスペースなどの業界情報も発信してまいります!よろしくお願いいたします。