見落としがちな災害時の鍵の問題~緊急時に「開かない」を防ぐために今こそ物理鍵から解放されよう~

RemoteLOCK(リモートロック), スマートロック, スマートロック/鍵のトラブル, 自治体・公共施設

1995年1月17日、震度7の激震が神戸の街を襲いました。当時、私はまだ幼稚園児でしたが、テレビに映る横倒しになった高速道路や燃え盛る家々、一向に進まない車の列は、今でも鮮明に覚えています。

あれから25年が経ち、人々の防災意識は大きく高まったといえます。ところが、いざ災害が起きてみないと「どこが足りなかったのか」がわからないのが困りどころ。今回は過去の災害時のトラブルや今後の防災に焦点を当てて、RemoteLOCKの適用シーンを考えてみます。

続きを読む ❯

【RemoteLOCK便利機能】オフィスや研究室の入室管理もラクラク!CSVインポートで入室権限を一括登録【スマートロック活用術】

RemoteLOCK(リモートロック), スマートロック, 入退室管理, オフィス・施設セキュリティ

以前のブログにてRemoteLOCKの便利機能3選をご紹介しましたが、今回は決まった複数の入室者があらかじめいるようなシーンで便利な、複数名の入室権限を一括でシステム上に登録する方法をご紹介します。


続きを読む ❯

無人運営の宿泊施設はチェックインがスムーズで快適だった件(ゲストハウス『ルームス水前寺』に泊まってみた)

ホテル・宿泊事業, 店舗の無人・省人化, スマートロック活用事例, RemoteLOCKスタッフが体験してみた, 編集部おすすめ

RemoteLOCKスタッフが熊本県へ出張した際に宿泊した無人運営のゲストハウスの体験記です。はじめて経験する無人運営のホテル。果たして無事に泊まることができるのか!?そして、令和元年6月にニューオープンしたばかりの和を基調としたゲストハウス『ルームス水前寺』の魅力もお届けします。

続きを読む ❯

オフィスからの解放で業務の生産性があがる!?これからの『働く場所』を考える。

RemoteLOCK(リモートロック), スマートロック, シェアスペース・レンタルスペース, オフィス・施設セキュリティ, 経営/トレンド

インターネットやモバイル端末が完全に普及した現在社会は、特定のオフィスでなくとも、いつ、どこでも働ける環境にあると言えます。

本記事では、働き方改革にもつながる『働く場所』をテーマに、日本社会の潮流を交えつつ、ワークスペースの新たな形態を紹介します。オフィスから解放されることでビジネスや働き方への意識はどのように変わるのでしょうか?


続きを読む ❯

シリンダー交換で取り付けが簡単に!「RemoteLOCK 8j」6つの特長

RemoteLOCK(リモートロック), スマートロック

RemoteLOCK日本総代理店の構造計画研究所は、株式会社ウエストと新型スマートロック「RemoteLOCK8j / E06」開発についてニュースリリースを出しました。(新型スマートロック『RemoteLOCK8j / E06』ニュースリリース2019/06/04)今回は先んじて販売準備中のRemoteLOCK8jの特長を6つご紹介いたします。

※ニュースリリース中に記載の引き戸への設置および販売開始時期は変更となっております。最新情報はお問い合わせくださいませ。

 

 

続きを読む ❯

スマートロックの締め出しはなぜ起こるのか。

スマートロック, スマートロック/鍵のトラブル, オフィス・施設セキュリティ, 編集部おすすめ

スマートロックはとても便利なシステムです。ところが、検索上位にはなんと「スマートロック  締め出し」というキーワードが。スマートロックの締め出しやトラブル事例を調べてしまったそんなあなたに、締め出しトラブルがなぜおきるのか、原因とパターンを解説します。

続きを読む ❯

ホテルの過剰供給のアラートまとめ と 競争環境の変化を考察

ホテル・宿泊事業, 運用ツール, 経営/トレンド

急激に建設・開業が進むホテル業界に警鐘を鳴らすニュースが続いています。訪日外国人の増加は続いている一方で、今後需給バランスが逆転するという予測や、競争環境の激化により実際に客室単価が下がっている等のデータが出てきています。自社の宿泊施設の客室単価や稼働率への影響は?

過剰供給に関するレポート等の抜粋でお伝えします。

続きを読む ❯

テンキー式電子錠やスマートロックによくある不具合の原因と対処方法

RemoteLOCK(リモートロック), スマートロック, スマートロック/鍵のトラブル

電子錠、スマートロックにありがちなトラブル系の問い合わせの内容とその対処方法をご紹介します。ご導入前の不安を払しょくしていただければと思います!

続きを読む ❯