スマートロック入門!RemoteLOCKのカンタン導入3ステップ

  
著者| T.SATO on 2020/07/16
 

工事で設置したり、システムの契約が必要だったりするスマートロックは導入が大変だと思っていませんか?「いいえ。必ずしもそんなことはありません。」特に導入が10台未満のような少数の場合は、意外にも簡単に導入できてしまうんです!本記事ではRemoteLOCK導入にあたってのカンタン3ステップをご紹介します。

 

この記事の目次

  1. 1.ドアに設置できる?取り付け可否を確認!
    1. 1-1.チェック資料によるセルフチェック
    2. 1-2.施工店による最終チェック
  2. 2.いざ、本体の購入&取り付け工事!
    1. 2-1.購入方法 ~オンラインショップで手間なく購入~
    2. 2-2.工事を手配する方法 ~工事はプロに任せるだけ!~
  3. 3.ネットからラクラク!管理システムのご契約

(掲載内容は2020年7月時点の情報です)

 

導入前に確認しておきたい基本情報

・RemoteLOCK月額利用料が発生いたします

・月額料金のお支払いクレジットカード決済(※)のみの対応です

※VISA, MasterCard, American Express, JCB のいずれか

・設置するドア付近に電波が届くWi-Fi(2.4GHz帯)が必要です

・RemoteLOCKは完全防水ではありません

 ※門扉のような完全屋外ではご利用いただけません

 

1.ドアに設置できる?取り付け可否を確認!

 

iStock-907890014

 

RemoteLOCKは残念ながら必ずしもどんなドアでも取り付けできるわけではありません。ドアの厚みや、取り付けのスペースなどの取り付け要件があります。まずは取り付けを検討しているドアが取り付け要件を満たしているか確認しましょう!

 

また、取り付け要件はRemoteLOCKの機種別に異なります。そのため、導入したい機種を先に絞ることをおすすめいたします。

 

RemoteLOCKの機種の違いは?

5i(ファイブアイ)

リーズナブルかつ既存ドアにも取付けしやすいオールマイティタイプ

【物理鍵の付属】〇5i_silver
【オートロック】△(タイマー式の簡易オートロックあり)
【ドアへの穴あけ】必要
【価格】38,500円/台(税込)


7i(セブンアイ)

ホテルの客室などオートロックを標準とするスペースに向いたドアノブ一体タイプ

7i_silver-L
【物理鍵の付属】〇
【オートロック】〇
【ドアへの穴あけ】必要
【価格】86,900円/台(税込)



8j(エイトジェイ)

シリンダー交換でドアへの穴あけが不要。

フラットな見た目が特徴のタッチパネルタイプ

 【物理鍵の付属】✖8j_o_左斜_WEST
 【オートロック】〇
 【ドアへの穴あけ】必要(穴あけ不要なオプション施工)
 【価格】86,900円/台(税込)

 

製品の詳細はこちら

機種を選定する上での基本的なポイントは以下の3つです。

  1. 1.ドアへの穴あけがNGの場合やドアの原状復帰が必要▶『8j』
  2. 2.ドアが閉まると施錠されるオートロック機能が必要▶『7i』or『8j』
  3. 3.穴あけOK、オートロック不要で価格重視▶『5i』

機種選びの際のより詳しい情報はガイドブックにてご紹介しております!

 

機種の違いや選び方のポイントは?   RemoteLOCK機種選びガイドブックはこちら

 

RemoteLOCKシリーズの操作感や施錠・解錠方法の違いはyoutubeのデモムービーでもご紹介しています。まずは動画をご覧いただき機種選びの参考としていただければ幸いです。

 

 

1-1.チェック資料によるセルフチェック

 

導入したい機種が決まったら、設置予定のドアが取り付け要件を満たしているかどうかをセルフチェックします。以下のリンク先よりご確認ください。

 

RemoteLOCK取り付け要件資料(PDF)
5i工事チェック  / 7i工事チェック  / 8j工事チェック


新築物件や、設置前にドアの交換をご予定の場合
RemoteLOCKの取り付け要件に合うドアをご選定ください。その場合、ドアメーカーやサッシ屋に依頼することでRemoteLOCKの設置要件に合う状態でドアを納品できる場合があります。Webページに掲載の[施工会社様向け資料]とともにドアメーカーやサッシ屋にご相談ください。

 

1-2.施工店による最終チェック


要件を満たしていれば、基本的には設置が可能です。ただし、正確な設置可否の判断は設置工事をする施工店(RemoteLOCK施工パートナーはこちら)にて行います。チェック資料を見て判断がつかない場合は、施工店に問い合わせて現地調査を依頼するか、写真を見て判断してもらえる場合もあります。

 

2.いざ、本体の購入&取り付け工事!

 

取り付け要件を確実に満たしている場合は、基本的には設置できるため、本体の購入と取り付け工事の手配に進みましょう。

 

2-1.購入方法 ~オンラインショップで手間なく購入~

 

機種に関わらず10台以上ご導入の場合は、まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください。購入方法をご案内いたします。5i,7i,8jの機器のご注文は、オンラインショップからクレジットカード決済でご購入ください。

 

RemoteLOCKオンラインショップ
5i専用ショップ  /     7i専用ショップ  /  8j専用ショップ

※上記オンラインショップもしくは、下記2-2に掲載の施工パートナーからもご購入いただけます。

 

2-2.取り付け工事を手配する方法 ~工事はプロに任せるだけ!~

 

弊社では製品の取り付けを実施しておりません。かといって、ご自身で苦労して取り付けるようなこともありません。取り付け工事は施工のプロにお任せください!

 

以下の施工パートナー一覧より設置場所に近い施工店に「RemoteLOCKの取り付け工事を依頼したい」とご連絡いただき、施工のお見積りや施工日程の調整など行ってください。なお、お近くに施工店がない場合はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

全国のRemoteLOCK施工パートナー
北海道東北  /  関東  /  中部   /  近畿  /  中国  /  四国  /  九州 沖縄

※上記から地方別のリンクから開けない場合は全国のパートナーからご覧ください。

 

3.ネットからラクラク!管理システムのご契約

 

ドアへの設置が完了したら、RemoteLOCKをWi-Fiに接続するなどの初期設定後、管理システムの契約をしましょう。契約といってもネットからいつでも手軽に行え、面倒な書類のやり取りはもちろん不要です。

 

また、管理システムご契約(イコール=アカウントの作成)にあたっては、メールアドレスと、月額料金の支払いを行うためのクレジットカードをご用意ください。ご契約の流れや、利用にあたって必要なものは以下をご参照ください。

 

 

ご利用にあたって必要なもの

パソコン、スマートフォン、タブレット等の端末

RemoteLOCKを接続する無線LAN環境(2.4Ghzのみ)

メールアドレス(管理システムのご契約にあたり)

クレジットカード(VISA, MasterCard, JCB,American Express)

単三電池4本/RemoteLOCK1台につき

 

意外にも簡単!RemoteLOCKの導入は「取り付けチェック」「購入&工事」「システム契約」の3ステップ!

 

本記事ではRemoteLOCKを導入するにあたっての流れをご紹介しました。購入、工事、システムの契約など、大変そうだと思われがちですが、実はオンラインショップから購入できたり、システムの契約もネットからいつでも行えたりするため、意外にも簡単に導入いただくことが可能です。導入検討時のご参考となれば幸いです!

 

Wi-Fi接続・クラウド管理のスマートロック
『RemoteLOCK(リモートロック)』とは?
  1. ・Wi-Fi接続でオンライン上で鍵管理できる電子錠
  2. ・入室は番号を押すだけ!物理鍵の受け渡しや持ち歩きは不要
  3. ・暗唱番号は個人ごとに最大1,000名分まで発行可能
  4. ・番号は有効期間の設定も可能!セキュリティも万全に
  5. ・離れた場所にある複数のドアもクラウドで一元管理

 

▼WebページでRemoteLOCKについて詳しく見る

鍵もスマホもいらないスマートロック  『RemoteLOCK(リモートロック)』 Webページはこちら

 

▼概要資料(無料・簡単ダウンロード)を入手する

鍵もスマホもいらないスマートロック『RemoteLOCK』 資料ダウンロードはこちら

 

Topics: RemoteLOCK(リモートロック), スマートロック

 

ブログ 記事一覧に戻る ❯




      新規CTA
      新規CTA

      おすすめの記事