2021年注目のシェアサロンビジネス。収益化として空きスペースを活用した最旬ビジネスをご紹介!

著者| writer:SHIN/director:T・SATO on 2021/08/04
 

あなたはシェアサロンビジネスを知っていますか?最近よく耳にする方もいるのではないでしょうか。IT化が進んできたり、新型コロナウイルス感染症の流行によってリモートワークや在宅勤務が増えて行きました。

この記事では、空きスペースを有効活用できる最旬ビジネスをご紹介します。スペース活用方法を探している方は是非参考にご覧ください。

  1.  

    1. 目次

      1. 1.空室率の上昇による影響
        2.空きスペース有効活用のためのシェアサロンとは?
        3.シェアサロンが人気の理由って?
        4.早速シェアサロンビジネスをやってみたい、でも運営準備って?

    (掲載情報は2021年7月時点の情報です)

 

  1. 4970633_s
  2.    

     

    1.空室率の上昇による影響

     

    1. 埋めたくてもそう簡単には埋められないのが空室。

      新型コロナウイルス感染症の影響で、リモートワークの導入など多様な働き方が増えています。それによりオフィスビルからの撤退が空室率9%と目立ちました。

      そんな中で打撃を受けたのは飲食店などのサービス業界だけではありません。

      不動産やビル賃貸業者なども少なからず影響を受けていることでしょう。オフィスビルなども今年に入ってからは空室率が5%台を上回っています。

  3.  
  4. もちろん、すべての業界に当てはまるというわけではなく、

    業績の良い業種に関してはより立地や設備のいいオフィスビルへ移転するケースもあります。

  5. 【参考:https://newscast.jp/news/9562940

     

    建物というのは使用されることなく、そのまま空室が続いてしまうと老朽化問題に直面します。


  6. 老朽化が進むと、さらに空室状態に拍車がかかり、借り手が見つかりません、さらに、そこにリフォームを手がけて改善しようにも、莫大な費用がかかる上すぐに入居者が決まる確約もありません。

     

    解体しようにもリフォーム同様莫大な費用がかかります。

    そこで、空きスペースを有効活用するべく次のようなビジネスがあります。

     
  7.  

2.空きスペース有効活用のためのシェアサロンとは?

 

サロン

前述でも述べたように、空室などの空きスペースは何らかの形で活用し、空室対策を行うことが重要です。しかし、やみくもに活用方法を打ち出すのではなく、現代のニーズに合わせた活用方法でなければなりません。

 

  1. トランクルームとしての貸し出しやコワーキングスペースとしての貸し出しなどもありますが、本記事でおすすめするのはシェアサロンです。

     

    シェアサロンというのは、美容師向けのレンタルスペースを指します。しかし、最近ではフリーランスの美容師だけでなく、ネイルサロンを始める方、マッサージ院を始める方など美容系といっても様々なジャンルの美容系の業種にも対応しています。そういった人たちへ施術場所を有料で提供するサービスがシェアサロンです

     

    つまり、空きスペースを持て余している方にとっておき現代のニーズに合った活用方法なのです。

  2.  
  3.  

    3.シェアサロンが人気の理由って?

     

では、なぜシェアサロンが普及してきているのかをご説明します。


    1. 一番大きな要因は「ユーザーのニーズの変化」です。ひと昔前であれば、「有名な美容室」を探し予約するのが当たり前でしたが、今は「有名な美容師」を探して、SNSDM(ダイレクトメッセージ)などを利用して直接予約することが普通になってきています。

        1. ・ユーザーはいい美容師を探している

          ・いい美容師とコンタクトを取る手段はSNSなどがあれば簡単に繋がることができる

          1. ということなので、あとはその出会いの場があればいいのです。

            つまりそれが、シェアサロンということなんですね。

          2.  

        1. 実際にフリーランスの美容師さんは増えてきており、このような業界でも働き方は多様化しているのです。有名な美容室で働かれていた方がどんどんフリーランスになっているので、このようなシェアサロンも人気があるという訳なのです。

           

        1. オーナー様や不動産はそのニーズに対してアプローチをかけることで、空室対策につなげることができるようになります。

フリーランスの美容師さんもシェアサロンのおかげで借金というリスクなく独立ができるので、安心してお仕事ができますし、空室対策をしたいオーナー様も空きスペースの有効利用ができ、収益化もできるので非常におすすめです。

 

さらには、最近では完全セルフ型のサロンも続々と登場しています!

運営形態は完全無人で、サロン内には脱毛などの美容機器が置かれており、利用者は機器を活用して自分自身でセルフケアを行うといったものです。

 

利用者にとっては、セルフだから非対面で感染症や犯罪のリスクもなく安心であり、誰にも邪魔されずにリラックスして美容体験ができるというメリットがあります。

 

 

4.早速シェアサロンビジネスをやってみたい、でも運営準備って?

 

実際に空きスペースを活用し運営するにあたって、利用者には快適にそして安全に利用していただきたいですよね。本記事では中でも運営におすすめのシステムをご紹介します。

 

 

1.監視カメラの設置

 

監視カメラのを設置すれば、利用者の違反行為などの問題や迷惑行為などを録画して証拠として使用できるので、何かトラブルがあった際にも非常に役立ちます。常に人員を配置しておく必要もないので人件費もかからずに一石二鳥です。しかしながら、設置には費用が伴いますし設置場所も固定できる場所でないと難しく、死角もうまれてしまう点があります。

 

 

2.電子錠などのスマートロックの設置

 

スマートロック

 

不特定多数で空間をシェアする場合は特に、空間へ入れる人を制御したり、入室履歴を取得するなどの入室管理は欠かせません。

 

さらにセルフ型のシェアサロンを無人運営するとなると、入室の際のカギの受け渡しなどは、賃貸住宅のようにあらかじめ鍵を渡しておく場合や鍵を置いておく場所を決めて、利用者に伝えておくケースが多いですが、最近では電子錠やスマートロックも普及しています。

 

お持ちのスマートフォンや暗証番号を利用して鍵の解錠ができるので、鍵の紛失や利用者や関係者以外の出入りを制限することができます。

 

中でも電子錠、スマートロックの導入において、特におすすめなのがテンキー式スマートロック『RemoteLOCK(リモートロック)』です。前述のような鍵の受け渡しの手間や紛失トラブルを減らすだけでなく、シェアサロンの管理者がオンライン上で発行する「暗証番号」が鍵代わりになるため、物理的なキーのやり取りがないことはもちろん、スマートフォンでの鍵の解錠に慣れていない利用者にも操作がカンタンでわかりやすいという特徴があります。

 

  1. ■シェアスペース運営に欠かせない鍵の管理!ネット上で手軽に管理できる鍵なら『RemoteLOCK(リモートロック)』

  2.  ・予約者ごとに異なる暗証番号を発行可能


     ・予約期間外は入室不可に!期間外の不正入室の心配はなし

     ・シェアスペース予約システムと連動し番号を自動発行

  3. ▼WebページでRemoteLOCKの詳細を見る
    スマートなレンタルスペース運営を! 遠隔管理できる鍵「RemoteLOCK」はこちら
  4. ▼資料(PDF)をダウンロードする
  5. 『RemoteLOCK』のすべてがわかる! レンタルスペース向け詳細資料をダウンロード



3.最新の予約管理サービス

 

repitte-web

 

予約の受付や管理にとっておきのサービスを提供しているのが、LINE公式アカウント正規代理店としてITソリューション事業などを手がけている、株式会社コネクター・ジャパンが提供する​「リピッテ ビューティー」です。

 

​店舗予約システム「リピッテ ビューティー」
https://www.repittebeauty.cnctor.jp/

 

こちらのサービスもスマートフォンが普及している現代にぴったりです。

どのようなサービスか一言で言うと、業種を問わず様々な店舗で導入可能なLINEを活用した予約システムであり、サロンの利用者は公式LINEを「友だち追加」するだけでサロンや美容系店舗の予約ができるといった手軽さが好評を博し、サロンのオーナーのみならず、美容師・ネイリスト・エステティシャンなどフリーランスの方も続々と導入されているサービスなのです。

 

「リピッテ ビューティー」の活用により、予約受付業務の効率化や、利用者がより気軽に予約できるようになることで稼働率の向上を見込めるといったメリットがあるほか、例えばLINE公式アカウントの一斉配信を利用してキャンペーンのお知らせを配信し、そのままリピート来店を促進できるなど、お客様の囲い込みや来店頻度アップにもつながります。

さらには、「リピッテ ビューティー」はテンキー式スマートロック「RemoteLOCK」とのシステム連携も可能なので、無人サロン・美容系店舗においてはLINEからの予約後、店舗へ入室するための鍵の暗証番号が自動で発行され、LINEでそのまま鍵の受け渡しが行えます。

 

「リピッテ ビューティー」と「RemoteLOCK」の連携機能の提供

https://www.value-press.com/pressrelease/272490

 

 

このような最新のシステムを導入することで、オーナー様も利用者も、サロン運営を効率化したり、リピート利用を促進することも可能になります。また、無人運営する場合も、クラウド型の防犯カメラやスマートロックを活用することで、セキュリティが守られるため安心してシェアサロンビジネスを行うことができます。

 

今後、このようなレンタルスペースを利用する働き方の多様性は今後ますます増えてきます。その中でオーナー様や不動産会社様は効率よく空きスペースを提供し、空室率を減らせることができれば一番良いですよね。

 

この記事を読んだ皆さまが効率よく、収益化しながら利用者と良い関係でお付き合いができるよう、こんな魅力的なサービスがあるのかと参考にしていただければと思います。

 

運用イメージやシェアスペースでの利用事例もご覧いただける資料(無料)はこちら!

『RemoteLOCK』のすべてがわかる! レンタルスペース向け詳細資料をダウンロード

Wi-Fi型スマートロック『RemoteLOCK』サービスの詳細は?
 
 

 

Topics: RemoteLOCK(リモートロック), スマートロック, シェアスペース・レンタルスペース, 店舗の無人・省人化, 経営/トレンド

 

ブログ 記事一覧に戻る ❯