remotelock.png
 
 
ビジネスのためのスマートロック

「入室管理」のよくあるお悩み。RemoteLOCKならこう解決します!~前編~

[fa icon="calendar"] 18/08/27 19:20 / by KKEスタッフ

RemoteLOCKチームには、日々、鍵や入室管理に関するお悩みやニーズが寄せられます。例えば、「オートロックはできますか?」といった機能に関する質問でも、その背景には「閉め忘れが発生しており侵入される不安がある」あるいは「より高いセキュリティレベルを求めている」という悩みやニーズがうかがえます。

そこで、本ブログでは頂くことが多い「入室管理」や「鍵管理」に関するお悩みを大きく3つに分類してご紹介すると同時に、それらの課題をRemoteLOCKならどのように解決できるのかお示しします。

 


はじめに~そもそも入室管理とは?~

doorway-3293341_1920

 

「入室管理」と聞いて、どのようなことをイメージされますでしょうか? 入室管理は私たちの生活の非常に身近なところで日々行われています。例えば、電車に乗る際もそうです。切符や定期券、交通系ICカードがないと改札を通ることができません。また、一番イメージしやすいのはオフィスでの入室管理です。社員証や入館証をリーダーにかざすことでゲートやドアを解錠するといった入室管理は多くの企業で行われているでしょう。


スペースの安全を守ることが入室管理の大きな役割

このように、入室管理は「関係者以外の入室を防ぐこと」が主な目的です。そして、あらゆるビジネスシーンで入室管理は必要となります。機密事項の多い「オフィス」はもちろん、金銭を扱う「店舗のスタッフルーム、お客様の安全を担保する必要がある「宿泊施設の客室、料金を払った人だけが利用できる「アミューズメント施設」等、入室管理は基本的にはどんなビジネスシーンでも必須と言えます。


不特定多数が出入りするビジネスシーンだからこそより安心に

「ビジネス」という点に注目するとどうでしょう? 例えば、個人が自宅の入室を管理するのであれば、部外者の侵入を防げるだけで十分かもしれません。他方で、ビジネスの場合、不特定多数の出入りが考えられます。その場合、事件やトラブルが発生した際に誰が入室したのかといった証拠を残したり、抑止力となる対策が必要です。さらには、不特定多数が出入りするとなるとその権限の発行や削除(例えば、鍵の作成→受け渡し→回収)も容易ではありあません


一言に入室管理と言えど、多様な側面があり、始める際には意外にも様々な要素を考える必要がありそうです。

 

 

入室管理のよくある3つのお悩み。当てはまってませんか?

79ca80d0e0974a7b486fbe5cdd4e4224_s


さて、そんな入室管理にお悩みを抱えている方も多いようです。それぞれに、シーンやケースが異なるため一概には言えませんが、ざっくりと以下の3つに分類できると思います。


 1.セキュリティ
 「セキュリティに不安がある。もっと安全・安心にしたい!」

 
 2.手間系
 「管理に追われている。もっと便利でラクに管理したい!」
   
 3.コスト系
 「人件費やシステム利用料が高額。もっと費用を抑えたい!」



当てはまりそうなものはありませんか?それぞれに詳しく見てまいりましょう。


1.セキュリティ系

まずあげられるのは、「入室管理。実は十分にできてないんです。」といったお悩みです。以下のような例があります。

 

key-2114046_1920

 ケース①:キーボックスのセキュリティリスク

  • シーン:宿泊事業
  • 鍵管理:キーボックス
  • 入室履歴:記録なし

 「ゲストにはキーボックスから物理鍵を取り出して入室してもらっています。キーボックスの
  証番号は毎回変えるわけではないので、セキュリティ的に不安です。また、紛失されたり
  コピーされてしまうリスクも気になっています。」



 ケース②:オフィスにおける出入り業者の入室管理

  • シーン:オフィス
  • 鍵管理:物理鍵
  • 入室履歴:記録なし

 「出入り業者さんにはいつでも入れるように鍵をお渡ししています。日中スタッフがいる際の入
  室は特に問題ないのですが、深夜や休日など誰もいない時に不正利用されてしまうリスクがあ
  って少し心配です。」


このように意外にもそもそもしっかりとした入室管理ができていないケースや、やってはいるが不安がある管理者の方も少なくないようです。ちなみにキーボックスのメリット・デメリットについては前回のブログでもご紹介しました。


2.手間系

次によくあるのは、「しっかりと管理しています。ただ…。結構大変です。」といったお悩みです。以下のような例があります。


721fbc940827370143b3f554f54dda34_s

 ケース③:入室・入館のためのスタッフ立ち合い

  • シーン:公共施設
  • 鍵管理:カードキー
  • 入室履歴:記録あり

 「土日に業者の出入りがある場合は、鍵を開けるために必ず出社しています。また、その都度、
  誰がいつ入ったかEXCELシートに入力して記録しています。安全な方法ですがもっと手間な
  く管理する方法はないかと悩んでいます。」



 ケース④:スマートフォン解錠のスマートロックの落とし穴

  • シーン:レンタルスペース
  • 鍵管理:スマートロック
  • 入室履歴:記録あり

 「レンタルスペース事業においてスマホで解錠するスマートロックを使っています。ゲストに
  鍵の受け渡しをしない点は良いのですが、予約者ごとに手動で権限の発行したり、解錠の仕方
  がわからないなどの問い合わせ対応が意外に大変で困っています。」


安心な入室管理をしていても、手間がかかりすぎると続かないものです。もっと楽に管理したいという要望をお持ちの方も実は多いのではないでしょうか?上記ケースはあくまで一例です。

 

3.コスト系

最後に紹介するのは、「セキュリティ面も、手間の面も問題なさそうです。費用だけがネックです。」といったお悩みです。こちらはそのままですが、以下のような例があります。

 

24865871cdcfff1e767f95870f37f391_s

 

 ケース⑤:人件費 vs システム利用費

  • シーン:貸し会議室
  • 鍵管理:スタッフによる管理 or 入室管理システム
  • 入室履歴:記録あり

 「貸し会議室の入室管理方法を選定しているところです。セキュリティが万全な入退室管理シス
  テムを見つけました。しかしながら、毎月の利用料が1箇所1万程度と比較的高額です。他方
  で、現地スタッフをおくとなると人件費がかかるため悩んでいます。」


入室管理システムだと配線工事等により初期導入費用が高額になるケースがほとんどです。初期費用がかからない場合、ランニングコストが高いなんてこともあります。しかしながら、人が管理すると人件費がかさみ、勿体ないといったことも少なくありません。



RemoteLOCKなら入室管理のお悩みをこう解決します!

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

では、入室管理の3つの課題をRemoteLOCKならどのように解決するのかをご紹介します。まずは、各お悩みの解決策を簡単にお示しします。


 

人や期間・時間毎に入室を制限。入室履歴も自動で保存。
 <物件、施設、お部屋のセキュリティを守ります>
 

◆入室権限の付与・削除はご自身のパソコンで。鍵の作成・通知の自動化も。
 <手軽で自由な管理を可能にします>
 

◆配線工事&サーバ設置型の入室管理システムより安価な費用
 <リーズナブルな運用費用でご利用いただけます>



残念ながら本記事はここまでです。詳細は今後配信予定の『「入室管理」のよくあるお悩み。RemoteLOCKならこう解決します!
~後編~』のブログ記事をご覧ください。また、RemoteLOCKについて早く知りたいという方はぜひ製品サイトもご覧ください。



■鍵もスマホもいらないWiFi型スマートロックRemoteLOCK
https://remotelock.kke.co.jp/home/

 

まとめ~当てはまる入室管理のお悩みはありませんでしたか?


本記事では、『「入室管理」のよくあるお悩み。RemoteLOCKならこう解決します!~前編~』と題してビジネスにおける入室管理でよく直面する課題について5つのケースをご紹介しました。そして実はこれらのお悩みはRemoteLOCKであれば解決できます。後編では、実際にどのようにしてこれらの課題を解決できるのか詳しくご紹介いたします。ぜひ後編もご覧ください。 

 

Topics: RemoteLock(リモートロック), 入室管理

KKEスタッフ

Written by KKEスタッフ